数多くあるデザインから理想のデザインを見つける

婚約指輪のデザイン

レース編みとアクセサリー入れ

婚約指輪のデザインはかなり多く、リングの形だけでなく宝石のカットの方法やあしらわれ方によってもかなり違う印象を与えます。その中でも代表的なデザインのものを一部ですがこのページで紹介していきます。

More...

結婚指輪との相性

宝箱からパールネックレス

セットで使用することの少ない結婚指輪と婚約指輪ですが、近年ではこの二つの指輪を日常的にセットで使用できる様にデザインを統一したセットもあります。場合によっては一緒に使用する場面もあるので、結婚指輪との相性も大切です。

More...

婚約指輪の選び方

パールとリング

一人で婚約指輪を選ぶ際には、彼女の好みと流行りのデザインをしっかりと抑えておきましょう。必ず指輪のデザインを彼女に気に入ってもらうには、様々な工夫とリサーチをしっかりと行なうことが重要になってきます。

More...

婚約指輪の事情

木の株に巻き付くネックレス

一般的にはプロポーズの際に渡されるのが婚約指輪です。
この婚約指輪には永遠の愛という意味が込められていて、大切な女性への決意の証としても贈られます。
リングの形が途切れることのない円を形取っているため、永遠という言葉がぴったりです。婚約指輪は宝石で彩られた華やかなデザインのものが多く、結婚する際に身につける結婚指輪よりも値段が高くなってきます。
そのため、男性はかなり大きな決意を持ってから婚約指輪を購入します。
婚約指輪を渡す際に女性へプロポーズするので、かなり多くの男性が婚約指輪は女性へサプライズで贈る方が多いようです。
現在では、女性の好みを尊重してプロポーズしてから婚約指輪と結婚指輪の両方を一緒に選ぶカップルも増えているという事もあるので、必ずしも男性が一人で選ぶのが当たり前という訳ではありません。

結婚を決意した女性へのプレゼントとして約束の証として準備する必要のある婚約指輪ですが、この婚約指輪を準備する場合は結納の時期には確実にある状態が良いとされています。
結納の際には親戚同士の顔合わせなので、しっかりと婚約しているという証の婚約指輪が花嫁の指にきちんとある状態が望ましいとされています。
結納の時期は一般的には挙式の半年前頃に行なわれることが多いので、この頃までには婚約指輪が手元にあるようにしておく必要があります。
なので、婚約指輪を準備する際には式の十ヶ月前から探し始める事が望ましいとされています。